« 秋葉原の無差別殺人事件に関してやはり社会背景を考えるべきではないか? | トップページ | 大阪府の橋下知事は府庁の専制君主のつもりなのか?(その2) »

2008年6月16日 (月)

大阪府の橋下知事は府庁の専制君主のつもりなのか?

大阪府の橋下知事が,6月12日に行われた46歳以上の課長補佐級職員を対象とした朝礼で,
「知事を人として尊敬できない」
と意見を述べた職員に対して,
「民間では考えられない物言い。ここは団体交渉の場ではない。上司として、その言い方に注意をする。私のやり方が気に入らないなら、職を変えてくれ」
述べたとのことである。

確かに,日本の企業には封建的な雰囲気のところが多いと思う。
社長に対して,「尊敬できない」と直言できる社員は少ないだろう。
しかし,それに対して激高するとは組織のトップとして心が狭すぎるのではないだろうか。
何かに付け,「民間」を口にする橋下知事だが,日本の平均的な民間企業のイメージと比較しているだけで,企業はどうあるべきかというような考えは持っていないのではないだろうか。

また,橋下知事は4年の任期にしか責任を持たず,知事を辞めた後も安定した高収入がほぼ保証されている。
それに対し,府の職員は知事が変わっても務め続け,職を失うと,ただでさえ公務員は転職が難しいであろうに,この不景気に次の職が見つかる期待は全く持てない境遇である。
「気に入らないならやめろ」とは,相手の足下を見た,全く卑怯な物言いではないだろうか。

確かに問題も多いのであろうが,今の職員なくして知事に何ができるというのであろうか。
仮に現在の職員を全員クビにしたら,今の状態では新たに優秀な職員を集めることは不可能であろう。

そんなに「民間」と比較したいのなら,オーナー社長のつもりで私財を投げ打ってから職員の給料に手を付ければ良いのではないかと思う。
経営に失敗すれば首をくくるくらいの覚悟で臨んで欲しいものである。

府知事は府民に選ばれた指導者であるとともに府庁職員のトップであるのだから,上司風を吹かせるのであれば,専制君主のような上司ではなく,組織の適切な運営にもきちんと配慮すべきではないかと思うのだが,どうだろうか。

[記事作成時または作成後にTBさせて頂いたブログ]
公務員のためいき 橋下知事の人件費削減案

|

« 秋葉原の無差別殺人事件に関してやはり社会背景を考えるべきではないか? | トップページ | 大阪府の橋下知事は府庁の専制君主のつもりなのか?(その2) »

コメント

真っ向から否定して申し訳ありませんが、管理人さんの主張は、府職員が給料並みの仕事をしているなら正当性はありますが、市場価格の3倍近い給与を得ているのですから「嫌なら辞めろ」と言われても仕方ないでしょう。
現実問題として、1割近い給与削減が打ち出されても30倍以上の競争率で推移しているぐらいのおいしい労働条件であると認識されているのですから、仮に全員辞めても、すぐに人は集まりますよ。(それ以上に、半分の給与を得られるような再就職であっても現職員には絶望的)
それに、昔はともかく今の世の中では、公務員(教師や警察官も含む)に優秀な人材なんて必要ありませんよ。
第一、彼等が本当に現給与に値するような優秀な存在であるなら、内部からの不正告発や業務改革・改善の雨あられになっています。

ちなみに、過去の知事達が今まで物わかりの良い上司たらんとしてきた為に、こうなったとも言えます。
管理人さんの言われているトップ像は、中間管理職や小規模組織の責任者には適切ですが、大組織の最高責任者は部下から専制君主と思われるぐらいの嫌われ方の方が、組織運営や目標達成はスムーズにいくのが現実です。

投稿: 仮)山田二郎 | 2008年6月18日 (水) 21時00分

仮)山田二郎 さん,こんばんは。
「大阪府職員は給料に見合う仕事をしていない」とはよく聞く意見ですが,私は,大阪府職員がどのような仕事をしているのか,また,それに見合う給料をどうやって算定するべきなのか,ほとんどわかりません。
報道で見るような数字は,ほとんどバックデータが見えず,どう評価して良いのかわかりません。
したがって,その種の議論には加わることができませんが,とりあえず,それなりの学歴でそれなりの競争率に残った人達が,世の中で名の通った企業程度の給料をもらっても私は気になりません。
それから,私は公共サービスには高い質を求めたいと思いますので,公務員には昔も今も変わらず優秀であって欲しいと思います。
何よりも,公務員は中立であるべきですが(これが極めて難しく,優秀でなければできないと思います),一知事の一存で処遇を大きく左右されたのでは,落ち着いて仕事ができないだろうと思います。
最高責任者が専制君主で組織運営がうまくいったとしたら,それは構成員(従業員)の様々な犠牲の上に成り立ったものである場合が多いのではと思います。今の日本では,労働組合も弱体化して,そういう風潮が強いですが。

投稿: WontBeLong | 2008年6月19日 (木) 00時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/41555646

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪府の橋下知事は府庁の専制君主のつもりなのか?:

« 秋葉原の無差別殺人事件に関してやはり社会背景を考えるべきではないか? | トップページ | 大阪府の橋下知事は府庁の専制君主のつもりなのか?(その2) »