« 大阪府の橋下知事は府庁の専制君主のつもりなのか?(その2) | トップページ | 橋下知事は国を守るために訓練を積んでいる自衛隊の人々に思いを至らせたことがこれまでなかったのか? »

2008年6月19日 (木)

死刑を執行された人物を死刑囚と呼ぶのは不適切ではないか?

秋葉原事件の見せしめのように,宮崎勤氏の死刑が執行された。

彼の犯した罪は稀に見る非道なものであり,現行法の下では死刑は当然だとは思う。

しかし,報道で彼のことを今でも「死刑囚」と呼んでいることには強い違和感を覚える。
刑が執行された以上,彼は犯罪者ではない。
例えば,極めて重大な罪を犯して懲役刑を受けた人物がいたとして,その人物が刑期を終えた後になお,その人物を「受刑者」とは呼ぶまい。

メディアは,人気歌手が事件を起こせば「容疑者」と呼ばず「メンバー」とよんだり,人気芸人の場合は「司会者」と呼んだりする。
誰であっても,「容疑者」は「容疑者」であるし,刑を終えた人物は犯罪者ではないのは当然ではないだろうか。

感情的な要素を必要以上に交えた報道は,国民を誤った方向に導いてしまう危険があるのではないかと思うのだが,どうだろうか。

|

« 大阪府の橋下知事は府庁の専制君主のつもりなのか?(その2) | トップページ | 橋下知事は国を守るために訓練を積んでいる自衛隊の人々に思いを至らせたことがこれまでなかったのか? »

コメント

お久しぶりです。死刑や凶悪犯罪のニュースが流れるとついここを見に来てしまうタチの悪い客な気がしないでもないKEIです。せっかくなのでコメントしてみます。

>報道で彼のことを今でも「死刑囚」と呼んでいることには強い違和感を覚える。
ではなんと呼ぶべきなのでしょうか?特に適当な表現が思い浮かばないのですが。

>刑が執行された以上,彼は犯罪者ではない。
「死ねばみんな神様」という日本人的な価値観は支持しますが、だからといってこの世における「犯罪者」という記録が消えるわけでは無いと思います。

>例えば,極めて重大な罪を犯して懲役刑を受けた人物がいたとして,その人物が刑期を終えた後になお,その人物を「受刑者」とは呼ぶまい。
「前科持ち」とは普通に呼ばれますがね。

>感情的な要素を必要以上に交えた報道は,国民を誤った方向に導いてしまう危険があるのではないかと思うのだが,どうだろうか。
ギャグにしか聞こえません。冒頭の一文
>秋葉原事件の見せしめのように,宮崎勤氏の死刑が執行された。
ってのも大概に「感情的な要素を必要以上に交えた」物言いだと思いますが?

P.S.

まあ本当に大概なのは「死に神」などと書いた朝日新聞だと思いますけどね。

投稿: KEI | 2008年6月20日 (金) 20時50分

KEI さん,お久しぶりです。

> 死刑や凶悪犯罪のニュースが流れるとついここを見に来てしまうタチの悪い客な気がしないでもないKEIです。

いえいえ,どうもありがとうございます。
光市の事件についても書きたかったのですが,忙しくて書きそびれました。

さて,「どう呼ぶか」については,私が冒頭で書いたように,普通に「宮崎勤氏」や「さん」付けでよいと思います。刑を終えた以上,「普通の人」ですから。

「前科持ち」と「普通に」は呼ばれないでしょう。陰では呼ばれるかも知れませんが。少なくともメディアでは,再度罪を犯さない限り前科があることには触れないでしょう。

このタイミングで,100人以上の死刑囚から宮崎氏が選ばれたのは,客観的に見て,偶然とはいえない確率がかなり高いと考えるべきだと思います。もちろん,100%ではありませんが。

投稿: WontBeLong | 2008年6月21日 (土) 00時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/41575568

この記事へのトラックバック一覧です: 死刑を執行された人物を死刑囚と呼ぶのは不適切ではないか?:

» 秋葉原事件 [じんの日記]
【秋葉原通り魔事件】週内にも7人殺人で再逮捕へ MSN産経ニュース東京・秋葉原の... [続きを読む]

受信: 2008年6月19日 (木) 20時05分

« 大阪府の橋下知事は府庁の専制君主のつもりなのか?(その2) | トップページ | 橋下知事は国を守るために訓練を積んでいる自衛隊の人々に思いを至らせたことがこれまでなかったのか? »