« 死刑を執行された人物を死刑囚と呼ぶのは不適切ではないか? | トップページ | 『死に神』は鳩山法相ではなく世論ではないか? »

2008年6月20日 (金)

橋下知事は国を守るために訓練を積んでいる自衛隊の人々に思いを至らせたことがこれまでなかったのか?

橋下知事が幹部を自衛隊で研修させたいというのは,結構本気のようである。

何をはしゃいでいるのだろうか。

駐屯地を視察して急に思い立ったようであるが,それまで,自衛隊の人々が厳しい訓練を積んでいることを知らなかったのだろうか。
いや,知らないはずはないから,そのようなことに思いを至らせたことがなかったのだろう。

自衛隊,ほかにも警察,消防,海保,あるいは医師なども,自身を危険に晒しながら訓練や職務を行っており,そのような人々に知事自身を含めて社会が守られていることを,普段,意識していなかったのではないだろうか。

知事には,自衛隊研修などという思いつきよりも,もっと他に考えるべき事がいくらでもあるのではないかと思うのだが,どうだろうか。

|

« 死刑を執行された人物を死刑囚と呼ぶのは不適切ではないか? | トップページ | 『死に神』は鳩山法相ではなく世論ではないか? »

コメント

>知らなかったのだろうか
知ってますよ、各種演習などに知事になる前から行ってたし

>何をはしゃいでいるのだろうか。
どうはしゃいでると受け取ったのだろうか理解不能

>知事自身を含めて社会が守られていることを,普段,意識していなかったのでは
意識しているからこそ体験入隊を押したんだろ

>もっと他に考えるべき事が
もっと他に考えるべき事に付き従う雑魚どもがまったく使えんからまずはそこから叩き直されるんだが?
そいつ等切り捨てて知事単独で全行政を行えと仰られるのかの

何をそこまで自衛隊に関わるのを嫌ってるんだ
労働組合員じゃあるまいし、そうだったら申し訳ない
それに今回のは「入隊」ではなく子供から定年の人でもできる自衛隊側がいつも行ってるイベント「体験入隊」なので自衛隊側が別に困ることではない。

投稿: JU | 2008年6月20日 (金) 08時53分

■橋下知事の自衛隊研修に関して考えた大阪府改革について

こんにちは。私は、自衛隊研修に関して、賛成です。大阪府は、現在戦時下にあるようなものであり、平時に有効な手段であるとか、順当な手段では、戦時には役にたたないどころか、有害である場合すらあるからです。

私は、私が自衛隊研修に賛成である理由と、普段から考えていた大阪府の改革についてもブログに掲載しました。是非ごらんになってください。

投稿: yutakarlson | 2008年6月20日 (金) 11時42分

橋下知事は、立候補前から反発されるのを承知で、相手が食いついてくるようなネタをわざと振って、関心を引こうとする悪癖があります。
彼を批判する時に、感情優先で論じたり反発する事は、彼の術中にはまって行くだけになります。(悪い例が府労連や野党)

投稿: 仮)山田二郎 | 2008年6月20日 (金) 21時02分

JU さん,コメントありがとうございます。

> 知ってますよ、
次の行もお読み下さい。

> どうはしゃいでると受け取ったのだろうか理解不能
なんだか,「いいね,いいね,ねえ,行こうよ,行こうよ」というような雰囲気を感じます。まあ,文字でしか情報を見ていませんので,実際のところは分かりませんが。

> 意識しているからこそ体験入隊を押したんだろ
どうでしょうか。

> 何をそこまで自衛隊に関わるのを嫌ってるんだ
嫌ってはいません。18日の記事で私は,「一定期間,日本の若者が自衛隊や警察などで働く制度を作ることに基本的に賛成である。」と書きました。

> 労働組合員じゃあるまいし、そうだったら申し訳ない
組合員です。珍しいとは思いませんが。

> 「体験入隊」なので自衛隊側が別に困ることではない。
それならそれで,あまり意味がないように思います。

投稿: WontBeLong | 2008年6月21日 (土) 00時00分

yutakarlson さん,コメントありがとうございます。
うーん,私には単なる思いつきにしか見えないんですが,本当のところどうなんでしょうか。

投稿: WontBeLong | 2008年6月21日 (土) 00時09分

仮)山田二郎 さん,こんばんは。
はは。そうですか。
それならそれで,ふざけた話だとは思いますが。

投稿: WontBeLong | 2008年6月21日 (土) 00時12分

どうやら、知事と府職員組合との団交が決裂したようですね。
さて、橋下知事は、同じ公務員でも、府職員と現場に携わる自衛隊員の公務員としての意識の温度差に呆れてしまったのでしょう。
小生は、橋下知事を支持しています。
自己保身に走る大阪府の公務員に対して、少しは府民のことを考えてみよ・・・と言う、橋下知事のメッセージだと思います。
ところで、以前から不思議に思っていたのですが、Wontbelong さまは、もしかして、組織の方ですか ?

投稿: あらま | 2008年6月21日 (土) 16時17分

さっそく府職労の良識の無さと、税金へのたかり精神が暴露されてしまっていますね。

「あなたは権力者。国から(財源を)取ってくればよい」
「国から金を取るのが知事の仕事」

これ、堂々とテレビ中継ありの交渉で言ってのけてるんですから、呆れます。

投稿: 仮)山田二郎 | 2008年6月21日 (土) 17時24分

あらま さん,こんばんは。
同じ公務員と言っても,状況によっては死ぬのを承知で任務を遂行することになる可能性もある自衛隊員は特別だと思います。
例え,警察官,消防隊員といえども,原則は自身の安全が優先ですから(もちろん,多くの警察や消防の人たちが,生命を賭す覚悟をされているのは承知ですが,あくまで原則です)。

ところで,「組織」というのはどういう意味でしょうか。自由業ではなく勤め人ですので,そういう意味では「組織」に属していますが。どういう「組織」を指しておられるのでしょうか。
ただ,あまり素性が絞られるようなご質問には答えられないかも知れませんが。

投稿: WontBeLong | 2008年6月21日 (土) 22時42分

仮)山田二郎 さん,こんばんは。
その動画を見ていないので,どういう文脈でどういう言葉を使ったのかよくわかりませんが,ひとつの正論だとは思います。
東国原知事などは,その辺,うまくやってると思います。

投稿: WontBeLong | 2008年6月21日 (土) 23時01分

質問に不快な思いをさせてしまったようで、謝罪します。
さて、Wontbelong さまのブログの内容は、いままで割と中道だと思っていました。
小生のような右よりな者にとっては、非常に参考になります。
しかし、公務員とか労働組合関係の記事は、どういうわけか組合寄りに見えます。
小生も、若い頃は、仕方なしに組合活動をしていましたが、日本の組合は御用組合ですので、活動も本気になれませんでした。
逆に、公務員が組合活動すること自体、国民や市民に対する背任行為だと思っています。
ところが、Wontbelong まは、公務員の組合活動に理解を示されています。
小生と同様に技術系の会社にお勤めしているということでしたので親近感が沸いてここにお邪魔していますが、最近の記事は、いわゆる組合系の組織の活動をされているような感じを受けましたので、かのように記してしまいました。
とにかく、大阪府の職員の団交の様子をマスコミから見ましたが、彼らは何のために仕事をしているのか、小生には理解できませんし、支持も出来ません。
公務員が労働者であることは理解できますが、民間の労働者とは違う特権的な立場であることを、大阪府の公務員は理解できていないと思います。
そうしたなか、個性的な橋下さんががんばっていますが、そんな橋下さんに対して、Wontbelong さまの対応は、今までのWontbelong さまらしくないような気がしました。

投稿: あらま | 2008年6月22日 (日) 08時39分

あらま さん,こんにちは。
こちらこそ,書き方が悪くて申し訳ありません。
全く「不快」になど思っておりません。文字だけのコミュニケーションって難しいですね。「どういう意味でしょうか」というのは文字通りの質問だったのですが,今,見直したら確かに不快そうに見えますね。もう少し見直してから送信すべきでした。

私は,「右か左か」と聞かれれば,確かにどちらでもないと思います。皇室は敬愛しますし,君が代,日の丸は誇りに思いますが,憲法9条は絶対守るべきと思っています。そして,日本の労働組合の弱体化は憂うべき事と思っています。
私も労働組合員で,うちの組合にも不満は山ほどありますが,それに対して働きかけるための労力の余裕も気概もなく,歯がゆい思い,忸怩たる思いがあります。ということで,単なる一組合員で,特別な活動をしているわけではありません。
日本や自治体を動かしているのは,政治家や高級官僚,高級公務員であり,労組に入っているような公務員は,確かに問題な部分もあるでしょうが,基本的に単なる労働者だと思います。政治家,高級官僚・公務員の責任を安易に末端の公務員に押しつけるのは,弱い者いじめだと思います。
悪い面も確かにあるでしょうが,公務員の労組は日本の労組の中ではがんばっている方だと思いますので,応援したい気持ちを持っています。

また,ILOの勧告もあるように,日本の公務員は組合活動を制限されていることの方が異常です。
団交の様子の動画を見ていないのですが,仕事中に同じ態度を取るわけではないでしょうから,使用者に対する組合という立場でモノを言うときは,パワーゲームですので,傍目に見れば全く自分勝手な言い分に見えるのは当然かと思います。

それから,長い間,地方の政治家を目指して勉強を重ねた東国原知事などとは違い,直前まで「出馬の意思はない」と言いながら,知名度の高さで自民党に担ぎ出された橋下知事は,あまり応援する気になれません。
出馬前にテレビに出ているのをよく見ましたが,その頃からあまり共感できる人ではありませんでした。

投稿: WontBeLong | 2008年6月22日 (日) 12時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/41585723

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下知事は国を守るために訓練を積んでいる自衛隊の人々に思いを至らせたことがこれまでなかったのか?:

« 死刑を執行された人物を死刑囚と呼ぶのは不適切ではないか? | トップページ | 『死に神』は鳩山法相ではなく世論ではないか? »