« 最低賃金の地域間格差は地方住民いじめではないか? | トップページ | [番外]新年のご挨拶 »

2008年9月21日 (日)

[番外]遅すぎた“事故米”ならぬ“毒入り米”への農水省の対応

日本農業新聞によると,

農薬やかび毒に汚染された「事故米」が食用に不正転売されていた問題で、農水省は12日、ミニマムアクセス(最低輸入機会=MA)米から汚染米が見つかった場合は、輸出国に返品する方向で検討に入った。

とのことです。

遅すぎますね。
大体,「事故米」という呼び方がおかしいでしょう。いかにもアクシデンタルに発生したもののように聞こえてしまいますが,売りつけられた「毒入り米」です。「事故米」の大部分は農薬残留です。
突き返すのが当然です。

これまでやってこなかったのは,農水省の怠慢としか言いようがありません。

|

« 最低賃金の地域間格差は地方住民いじめではないか? | トップページ | [番外]新年のご挨拶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/42543416

この記事へのトラックバック一覧です: [番外]遅すぎた“事故米”ならぬ“毒入り米”への農水省の対応:

« 最低賃金の地域間格差は地方住民いじめではないか? | トップページ | [番外]新年のご挨拶 »