« 麻生首相は国民を『たかり屋』扱いしているのか? | トップページ | 麻生首相は『郵政民営化反対だった』発言を子供や若者にどう説明するのか? »

2009年1月21日 (水)

オバマ新大統領が就任演説で説いたのは人としての基本ではないか?

米国でオバマ新大統領が誕生した。

就任演説は,演説上手と評されるオバマ氏にしては,特にエキサイティングなものではなかったと思う。
彼の説いた内容は,覇権国たる自負と戦争や経済などの現在の米国の状況を反映した部分を除けば,いたずらに熱狂を煽るものではなく,近代市民の基本姿勢を淡々と説いたものであったように思う。

複雑な「オトナ」の力学で動く現代社会において,学校で子供に教えるような,原則に忠実な人間たれと,自国民に訴え,自らもそうあることを誓っていたように感じる。
「基本」がまったく蔑ろにされているような日本に暮らす自分としては,世界のリーダーである米国大統領があのような演説を行ったことは,非常に心強く感じた。

もし,オバマ氏が現在期待されている通りの人物なのであれば,何年も遅れて米国の真似事ばかりしているような日本の政治家や官僚は,遅れずに基本に忠実にオバマ氏と歩調を合わせていくべきではないかと思うのだが,どうだろうか。

|

« 麻生首相は国民を『たかり屋』扱いしているのか? | トップページ | 麻生首相は『郵政民営化反対だった』発言を子供や若者にどう説明するのか? »

コメント

こんにちは。

私、オバマに対して嫌悪感は無いんですけど、
アメリカという国や国民に対しての
嫌悪感みたいなものが
ここ1~2年ほどで大きくなりすぎてます。。。

アメリカに良い部分があるのだとすれば、
確かにそういう部分こそ日本は
真似して欲しいとは思います。

投稿: hikasu | 2009年1月22日 (木) 10時22分

hikasu さん,こんばんは。
私も,基本的にアメリカはあまり好きではありません。
しかし,オバマ大統領が「チェンジ」しようとするのなら,期待したいと思います。

投稿: WontBeLong | 2009年1月22日 (木) 21時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/43813566

この記事へのトラックバック一覧です: オバマ新大統領が就任演説で説いたのは人としての基本ではないか?:

« 麻生首相は国民を『たかり屋』扱いしているのか? | トップページ | 麻生首相は『郵政民営化反対だった』発言を子供や若者にどう説明するのか? »