« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月12日 (木)

自民党は組織としての体を成していないのではないか?

元首相の小泉純一郎氏が,「郵政民営化には反対だった」と発言した麻生首相に対して「首相が前から鉄砲を撃っている」と直接批判したとのことである。

小泉氏は,今でも世論調査では「首相に相応しい人」の一位になる人物である(自分はとても不可解に思っているが)。
自民党の中で「最も首相に相応しいと考えられている人」が「現総裁」を真っ向から否定する,これでは「自民党」は一体的な組織として全く機能していないと言えるのではないだろうか。
「与党」のゼッケンを付けたいためだけに,見かけ上寄り合っている者たちでしかないのではないだろうか。

舛添要一氏が,議員に当選した直後にテレビ出演中,「なぜ自民党なのか」と問われて,「与党ならば発言力や官庁への影響力が全く違う」というようなことを答えていた。要するに「与党」を名乗りたいのである。
結局,自民党議員はみな桝添氏と同じなのではないだろうか。

自分は,事態を改善するために,仕組みを安易に根本から見直すやり方は好きではない。過去の経緯を十分に検討して,真に修正が必要な点を洗い出すようにするべきだと考えている。
しかし,自民党は最早,自分のような考え方の者から見ても,対症療法ではどうにもならないくらい病が進んでいるのではないだろうか。

自由民主党という組織は,一旦政権を譲り渡し,組織としての方向性をじっくり検討して,去る者は去り,再編成するべきではないかと思うのだが,どうだろうか。

そうでなければ,近い将来,民主党が自民党に取って代わるだけで,結局また同じような歴史が繰り返されることになる懸念があるように思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

麻生首相は『郵政民営化反対だった』発言を子供や若者にどう説明するのか?

衆院予算委員会での麻生首相による「郵政民営化には反対だった」との発言が物議を醸している。

子供や若者が,属するグループの流れに抗しきれず,例えば何かの悪事を働いたとして,後になって「自分は行為に反対だったけど,みんながやるといったからやった」と言ったとする。
首相があのような発言をする国において,大人はそのような子供や若者にどう言い聞かせればよいのか。
「総理大臣だって同じことを言ってるじゃないか」と言われれば,言い返す言葉がない。
「政治家なんて悪人ばかりだ」とでも言えば良いのか。そのような夢のないことを子供や若者には言いたくないと,自分は思う。

麻生首相は,特定の組織のリーダーには成り得ても,全国民の指導者になる資質は持っていないのではないかと思うのだが,どうだろうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »