« 自民党は組織としての体を成していないのではないか? | トップページ | [番外]平成革命 民主党へ政権交代 »

2009年3月 4日 (水)

小沢一郎氏の公設秘書逮捕には何らかの外力が作用しているとみるべきではないか?

小沢一郎民主党代表の公設第一秘書が,西松建設から違法献金を受けたとして,東京地検に逮捕された。

献金は,2006年までの4年間に行われたとのことである。
検察は,確実な裏付けがなければ動かない。
これまで5年以上,膨大な数のパズルのピースをひとつひとつ埋めてきたはずである。
そして,ひとつのピースを埋めるためには,数多くの条件がそろわなければならなかったはずである。

それらのピースのひとつひとつが埋まる確率を掛け合わせたものが,パズルが完成する確率であり,それだけでもかなり小さいはずである。さらに,自民党を破って次の首相になるかも知れない人物を対象としたパズルの最後のピースが埋まったのが,今,この時期に当たる確率を掛けると,1%にも程遠い確率だと推測される。

科学では,このような低い確率のことが発生するのは,偶然ではなく何らかの特別な原因があったと考える。
今回の場合,タイミングを見計らって最後のピースを埋めるというのは困難であろうから,すでにパズルは完成していて,公表する機会を窺っていたか,実は完成していないのに完成したと見せかけているかのどちらかであると考えるのが自然である。

自民党は,「自民党と言えども検察庁を動かす力はない」と言っている。そうかも知れない。

しかし,今回の逮捕には,何らかの特別な外力が働いていると見るのが合理的ではないかと思うのだが,どうだろうか。

|

« 自民党は組織としての体を成していないのではないか? | トップページ | [番外]平成革命 民主党へ政権交代 »

コメント

タイミングがあまりにも良すぎるのはともかく、小沢氏の秘書を逮捕した事自体は、特別変でもないかなと。(献金を突出して受けている為)
ただ、世論が「小沢辞めろ」の方向に動くかどうかは、ちと疑問です。
第一、小沢氏が金にクリーンだなんてイメージを持って支持していた人なんているのか?という疑問と、西松側の証言以外に証拠なんてあるのか?と言う疑問がありますのでね。
それに、これ旨くやれば、民主党には追い風に変わるかも知れませんしね。

投稿: 仮)山田二郎 | 2009年3月 5日 (木) 00時19分

私の疑問は10年間も献金を受けていて、
その献金自体が違法だと言うのであれば、
なんでその間に捕まえなかったのか?ってことです。

それと私も選挙で自民党が有利になることは
そんなに無いと思います。
そのくらい自民党への失望は大きいし、
自民党だってやってるでしょ?くらいの感覚が
みんなの感覚だと思っています。

投稿: hikasu | 2009年3月 5日 (木) 11時02分

仮)山田二郎 さん,こんばんは。

> ただ、世論が「小沢辞めろ」の方向に動くかどうかは、ちと疑問です。

多少なりともそのような意見は聞こえるので気にはなりますが,まあ,あまり大きくその方向に向かないことを願いたいです。

> それに、これ旨くやれば、民主党には追い風に変わるかも知れませんしね。

「旨くやらせない力」が大きすぎなければいいんですが。その辺は私のような一庶民には全く窺い知れない世界です。

投稿: WontBeLong | 2009年3月 5日 (木) 22時27分

hikasu さん,こんばんは。

> なんでその間に捕まえなかったのか?ってことです。

そう,それが「今」っていうことが,偶然とは思えません。

> それと私も選挙で自民党が有利になることはそんなに無いと思います。

そう願いたいですが,世論というのは移ろいやすいものなので,やや不安です。

投稿: WontBeLong | 2009年3月 5日 (木) 22時30分

>>そう,それが「今」っていうことが,偶然とは思えません。

単純に、外為法違反で逮捕された西松の関係者が、小沢氏関連の事を証言してしまっただけだと思いますよ。
西松の関係者複数の矛盾の無い証言さえあれば、小沢氏サイドが何を言っても、とりあえず有罪にしてしまうでしょうからね。

投稿: 仮)山田二郎 | 2009年3月 6日 (金) 00時37分

仮)山田二郎 さん,こんばんは。

う~ん,本文に書いたように,タイミングが合ったことは偶然である確率は低いとは思います。まあ,ゼロではないので,何ともいえないとも言えますが。

投稿: WontBeLong | 2009年3月 7日 (土) 00時44分

「特別な外力」とやらがあるとするなら、真っ先に思い浮かぶのが「時効」なんですが、そのことに一切触れないのには何か意図がおありなのでしょうが?

>パズルの最後のピースが埋まったのが,今,この時期に当たる確率を掛けると,1%にも程遠い確率だと推測される。
えーと、確率の概念がおかしくないですか?「この時期に」と一瞬を切り取って考えればとても低い確率でしょうが、こういう事象は普通「この時期までに」と延べ時間で確率を計算するものだと思うのですけれど。
・・・この言論を見てすぐになんとも言えない違和感を感じ続けていたのですが、良く考えると「ピースが埋まった」後は「いつピースが埋まるのか」を考える必要がなくなるんですよね。凄い詭弁もあったものだと正直感心しました。

>そう,それが「今」っていうことが,偶然とは思えません。
逆に伺いたいのですが、お答えいただけますか?
1.何故「今」ではいけないのか?
2.「今」ではいけないとするなら一体いつなら良い/良かったのか?

犯罪行為を暴くなら選挙前のほうがいいですし、選挙結果に悪影響を及ぼすほど「選挙直前」と言うわけでもありません。
(解散総選挙を声高に主張しているのは特に権限の無い野党やマスコミだけで、首相自身は解散するそぶりを見せているわけではないですし、世論調査でも即時解散を支持する割合は結構低いです。)

投稿: KEI | 2009年3月10日 (火) 21時06分

以前、三木武夫元首相が、いわゆる「三木おろし」に遭ったときに、「ロッキード事件」が発覚して、政界、財界の黒幕が国会の証人喚問に引きづり出されたことがありました。
現在、「麻生おろし」が叫ばれている中、何か、以前の「三木おろし」の状況に似ている感じがします。
今回の「西松献金」の発端は、長野県知事の元秘書の自殺からだと思います。
小生の住む静岡県でも、今年 6月に静岡空港が開港される予定ですが、その工事にも西松建設が関与しています。
そこで、静岡県のの石川知事も、西松建設から 100万円のパーティー券を購入してもらっていたそうで、事件発覚直後、石川静岡県知事は、そのお金を返却したとされています。
このように、準大手のゼネコンである西松建設が各地の公共事業に参画するために、派手にばら撒いていた様子が伺えます。
そこで、警察とか検察は「死人」が出ないと動かない体質がありましたから、長野県知事の側近が自殺したことで表沙汰になったと思います。
それから、日本は「三権分立」なんて言う人がいますが、どこが「三権分立」でしょうか ?
日本が三権分立しているなんて思う人は、日本に住む社会人ではありません。
官僚を中心に「三権癒着」しているのが、日本の現状です。
そうした、あたりまえのことを踏まえて議論を進めないと、おかしなことになってしまいますよ。
教科書で教えている「三権分立」だなんて、単なる「理想論」「妄想論」です。

投稿: あらま | 2009年3月12日 (木) 08時06分

それから、ヤフーの「知恵袋」の質問を貼り付けましたから、参考にしてください。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1323865583?fr=chie-websearch-2&b=jp0020&qc=2&status=open&p=%E9%95%B7%E9%87%8E%E7%9C%8C%E7%9F%A5%E4%BA%8B%20%E8%87%AA%E6%AE%BA

投稿: あらま | 2009年3月12日 (木) 08時25分

KEI さん,こんばんは。
自分のブログでありながら,しばらく見てなかったのでお返事が遅くなりすみません。

時効については頭にありませんでした。時効直前なのであれば「今の時期」の理由として可能性がありますが,かなり異例な逮捕のようなので,それでもどうかなと思います。

> 延べ時間で確率を計算するものだと思うのですけれど。

それは解析の目的次第だと思います。横軸を時間として縦軸を累積確率として,横軸を例えば3ヶ月幅で区切って,各3ヶ月間の増分の積分値すなわちその3ヶ月にその事象が発生する確率を問題にするのもひとつの方法だと思います。「何を知りたいか」によって解析手法は変わるものでしょう。

> 「ピースが埋まった」後は「いつピースが埋まるのか」を考える必要がなくなるんですよね。

すみません,私の頭が凝り固まっているのか,意味が理解できませんでした。

> 逆に伺いたいのですが、お答えいただけますか?

「良し悪し」は問題にしていませんが,いずれにしても,自民党にとっては喜ばしいタイミングであったことは,自民党側の言動を見れば明らかとは思います。結果的に大した影響はなく,逆に火の粉が降りかかる自民党議員がいたとしても,とりあえず,あからさまに喜んでいる自民党議員はいました。

投稿: WontBeLong | 2009年3月20日 (金) 22時38分

あらま さん,こんばんは。
上でも書きましたが,しばらく見てなかったのでお返事が遅れて申し訳ありません。

> 以前の「三木おろし」の状況に似ている感じがします。

自民党内の争いよりも,民主党対自民党の争いの構図のようにも思いますが。
かといって,事態を牛耳っているのは自民党とも思えません。

> 官僚を中心に「三権癒着」しているのが、日本の現状です。

官僚の仕業との見方もあり,確かに官僚がその気になればできそうですが,私は現在の日本の官僚がそこまで「ガッツ」があるようにも思えないのですが。
まあ,小泉さんのような破天荒な総理でなければ,それほど「ガッツ」がなくても官僚が動かしてしまうのでしょうか。

> 今回の「西松献金」の発端は、長野県知事の元秘書の自殺からだと思います。

検察が,また自殺されるのを恐れて逮捕に踏み切ったとの見方もあるようですが,小沢さんの秘書が自殺するほど追い詰められていたかどうかは,とりあえず今後の行方を見ないと何とも言えないかと思います。

投稿: WontBeLong | 2009年3月20日 (金) 23時00分

>すみません,私の頭が凝り固まっているのか,意味が理解できませんでした。
では問題です。今現在において「パズルが完成している」確率は何%でしょうか?また、「パズルが完成したのが今である」確率は?

>「良し悪し」は問題にしていませんが,
「悪い」と思っていなければ、何故今回の記事でこれほどまでに疑問を呈しているのでしょうか?
>いずれにしても,自民党にとっては喜ばしいタイミングであったことは,自民党側の言動を見れば明らかとは思います。
これも詭弁ですね。この事件のタイミングがいつであっても、「自民党にとっては喜ばしいタイミングであった」でしょうからね。つーか参議院選挙の前だったらねじれ国会にもならなかったかもしれなくてもっと良かったんじゃないでしょうか?
・・・まあ、衆議院選挙の後だったらあまり喜ばしいタイミングではなかったかもしれませんね。総理となった小沢一郎氏の豪腕で、事件自体握りつぶしちゃったりして?

>それは解析の目的次第だと思います。横軸を時間として縦軸を累積確率として,横軸を例えば3ヶ月幅で区切って,各3ヶ月間の増分の積分値すなわちその3ヶ月にその事象が発生する確率を問題にするのもひとつの方法だと思います。「何を知りたいか」によって解析手法は変わるものでしょう。
僕が聞きたいのは、今回のような「事件の発覚」と言う事象に対して、時間を「区切って」確率を論じることに意味があるのかと言うことなのですが?

投稿: KEI | 2009年3月22日 (日) 00時30分

KEI さん,こんばんは。
お返事が遅くなって大変申し訳ありません。

> では問題です。

「かなり小さい」としか言えません。

> 「悪い」と思っていなければ、

「おかしい」と思っているだけです。

> これも詭弁ですね。

「今」であることが無意味であるように仰ったので,「少なくとも自民党は意味を感じているようだ」と書いたまでです。

> 時間を「区切って」確率を論じることに意味があるのか、

繰り返しになりますが,解析の目的次第であって,区切った時間の1区間に,対象とする事象が偶然発生する確率を調べ,それよりも実際に発生した率が明らかに高ければ偶然ではないとしてよいでしょう。
ただ,今回のような問題の場合,ケースが1つだけですから,厳密に上記のような解析ができるわけではありません。
あくまで,「偶然にしてはできすぎ」ということを補強する材料として確率の話を持ち出したわけで,単なる状況証拠のひとつにしか過ぎません。
例えば,何らかの犯罪の容疑者に対して警察が,「じゃあ,あのときあそこにいたのは偶然だとでもいうのか?」と言うようなもので,例え偶然ではなくても容疑者が「そうだ,偶然だ」とシラを切れば追及するのは難しい場合があるでしょう。
少なくとも検察はそれくらいの備えはした上で動いているでしょう。
私のような一庶民は,知り得る情報からあれこれと想像を巡らすことしかできません。

投稿: WontBeLong | 2009年4月 6日 (月) 00時35分

>>では問題です。
>「かなり小さい」としか言えません。

・・・ああ、そこまで理解してなかったんですね。即答してもらって趣旨を理解してもらおうと思っていたので、間違われることは想定外でした。
仕方がないので解説いたします。前者の答えは100%です。小沢一郎氏の秘書が逮捕された(パズルが完成した)のは過去の話ですから、今現在は「パズルが完成している」状態にあります。この状態は未来永劫変わることはありませんので、逮捕後であればいつの時間を切り取ったとしても「パズルは完成している」のです。
そして後者の答えはゼロです。すでに「パズルが完成している」状態にある以上、「パズルが完成する」事態は絶対に発生しません。
・・・あえて解説しようとするとこのように長くなりますが、以上の2つは自明のことです。
まあ自明ゆえに、普段論じる機会は無いわけですが。

さて、この「問題」を通して何を言いたかったのかを書きたいと思います。
それは、今「パズルが完成したタイミング」について論じる場合、「平成21年3月3日にパズルが完成した」と言う事実が大前提になっている、と言うことです。
「3月3日」が訪れるまでは、「3月4日以降にパズルが完成する可能性」や「最後までパズルが完成しない可能性」も十分に存在していました。そう考えると、「3月3日にパズルが完成したこと」自体は偶然に過ぎないのです。
しかし、「3月3日」を観測してしまっている今の我々は、そのことを忘れがちになってしまいます。そこに詭弁の付け入る余地がある、と指摘しているわけです。

>>「悪い」と思っていなければ、
>「おかしい」と思っているだけです。

「良い/悪い」も「おかしい/おかしくない」も主観的な価値判断であることに変わりは無いと思いますけどね。あと、さも「自分は客観的で公正中立な人間でござい」と言わんばかりの表現が正直鼻に付くのですが、そこは置いておくとします。
よく考えると「自民党にとっては喜ばしいタイミングだった」は質問の答えになっていませんね。元の質問を「おかしい」に置き換えますので、お答えいただきたいのですが。

1.何故「今」ではおかしいのか?
2.「今」ではおかしいとするなら一体いつなら「おかしくない」と言えるのか?

>「今」であることが無意味であるように仰ったので,

僕にはそのような趣旨の発言をした記憶が欠片もないのですが。何を以ってそう発言したと考えたのかの指摘を求めます。

投稿: KEI | 2009年4月 7日 (火) 22時38分

KEIって論調がねちっこくて正直、キモイ。
しかも、最初から喧嘩腰だし。
あと英字を全角で書くのもちょっとヘン。
基本、英数字は半角でしょう。

法律用語じゃあるまいし、言葉尻を捉えてツッコミ入れてほくそえんでいるような性格じゃない?
現実社会では理屈っぽくて、正論バカとして周囲からは疎ましがられてそう。
つーか、嫌われてるんじゃない?

こういうのは現実社会で相手にされないから、ネットでまじめに対応する人に対して、知識っていうか屁理屈こねて相手に突っかかって、相手が答えられないと喜び見出す粘着質な性格だね。
まじめに相手するだけ時間のムダ、こんな粘着馬鹿には。

投稿: ドンファン | 2009年5月31日 (日) 16時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/44246357

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎氏の公設秘書逮捕には何らかの外力が作用しているとみるべきではないか?:

« 自民党は組織としての体を成していないのではないか? | トップページ | [番外]平成革命 民主党へ政権交代 »