« 鳩山邦夫氏が宮崎氏の死刑執行を決めたいきさつを話した件について | トップページ | 明けましておめでとうございます。 »

2010年12月25日 (土)

自民党の姿勢について

自民党は,民主党政権になってから民主党攻撃に全力を挙げているように見えます。

何十年もの間,政権与党であった誇りというものはないのかと思います。

管総理の「仮免許」発言が問題になっていますが,実際そんなところだと思います。

自民党は,それを鬼の首を取ったように責め立てるのではなく,「俺が隣に乗って教えてやろう」くらいの懐の深さを持てないのでしょうか。

与党の苦労は自民党が一番よくわかっているはずです。

別に社会主義政権になったわけじゃなし,日本の国を思うなら,自民党には与党攻撃だけではなく,一野党にはできない役割を果たせるはずです。

とにかく,この元気のない今の日本を,政治家も含めて全国民が力を合わせて頑張る時期ではないかと思うのですが,どうでしょうか。

|

« 鳩山邦夫氏が宮崎氏の死刑執行を決めたいきさつを話した件について | トップページ | 明けましておめでとうございます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/50392321

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党の姿勢について:

« 鳩山邦夫氏が宮崎氏の死刑執行を決めたいきさつを話した件について | トップページ | 明けましておめでとうございます。 »