« [番外]内閣支持率V字回復の謎 | トップページ | 自民党の姿勢について »

2010年12月14日 (火)

鳩山邦夫氏が宮崎氏の死刑執行を決めたいきさつを話した件について

何となく力尽きて,長い間更新していませんでした。

気を張って書くと疲れて続かないので,気楽に書くことにしました。

コメントも,逐一お返事するとは限りません。悪しからずご承知下さい。

で,タイトルの,鳩山邦夫氏が宮崎勤氏の死刑執行を決めたいきさつをテレビで話した件について,疑問に思うので少し書きます。

鳩山氏は,「こんな奴を生かしておいてたまるかと思いますよ」と語っています。

宮崎氏はすでに刑を執行されており,すなわち,少なくとも形式上は罪を償い終わった人であり,罪人ではありません。

そのような人,つまりはただの一国民(死亡していますが)に対してこのような言い方をするのは,公人,しかも元法務大臣の発言としては,不適切の極みではないかと思いますが,いかがでしょうか。

以前から鳩山邦夫氏は人格が低いと感じていましたが,ここに極まれりという感じがしました。

|

« [番外]内閣支持率V字回復の謎 | トップページ | 自民党の姿勢について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/50295870

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山邦夫氏が宮崎氏の死刑執行を決めたいきさつを話した件について:

« [番外]内閣支持率V字回復の謎 | トップページ | 自民党の姿勢について »