« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月23日 (水)

私が公務員批判に反論する理由(2)

先日の記事の続編です。

また,他の方のブログ「公務員のためいき」のコメントで書かせて頂いたことを,ほぼそのまま書きます。

公務員を責める決まり文句に,「税金で食ってるんだから」というのがあります。

私は,月に数万円の税金を払っています。
そして,月に10万単位の生活費を払っています。

生活費のほとんどは,民間企業に払っています。

私から見て,真摯に消費者のことを考えていると思える企業はごく僅かです。

それでも,生活費の大部分は,必要に迫られて支出しており,前にも書きましたが,気に入った電機メーカがないからテレビも見ない,冷蔵庫も買わない,パソコンも使わないという生活は考えられず,価格の根拠もよくわからないまま,メーカの内部留保にいくら使われるのか,社員の給料がいくらかなども知らないまま,電気製品を買っています。

気に入った店がないから食料を買わないというわけにもいかず,これも価格の根拠もよくわからないまま,流通の細かい仕組みもわからないまま,農家にいくら渡るのか知らないまま,肉や野菜を買います。

すなわち,私の収入程度では,支出の大部分は税金に関わらず日本で暮らす上の「強制的」な出費です。形式が違うだけで,実質的な「租税」です。
私から見れば,地位の高いものだけ高い給料を取って,弱者を薄給でこき使う民間企業の方が悪質だと思います。

ですから,私はあらゆる役所,民間企業に対して気が付いた点については,私の取り得る手段の範囲内で改善を求めるようにしていますし,取れる範囲内で抵抗手段を取っています。
しかし,一庶民でできることは極めて限られています。
私は,数万の出費の削減も大切ですが,数十万の出費の削減もとても大事です。もっと仲間が欲しいです。しかし,仲間を増やそうとしても「大企業を相手にしてもどうせムダ」と言われます。

公務員批判をする人たちの一部はカルト化していないでしょうか。
または,強い民間企業に抵抗できない憂さ晴らしのための「弱い者いじめ」をしていないでしょうか。
批判すべき相手を公平に批判しているでしょうか。
自分に与えられている不幸の原因を作る者たちに対して,その責任割合に対応した配分で批判しているでしょうか?

あらゆる相手に対する公平な批判の一部として,客観的に公務員批判をしているという方に対して,その内容が同意できるものであれば私は何ら意見は申しません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

がんばれ! 菅首相

菅首相に批判が集まっていますが,ここは踏ん張りどころで,がんばってほしいと思います。

私は,菅直人氏は好きではありません。まあ,年を重ねて少しは人間が大きくなったような気はしますが。

しかし,今現在の首相としての菅氏にはがんばって欲しいと思います。

党利のみで難癖つける自民党には辟易します。経団連が谷垣さんに直接「早く予算を通せ」と言ってるのに,間もなく3月になるにも関わらず今から解散総選挙なんてとんでもない話だと思います。
支持率が落ちてる今が攻めどきと思っているのでしょう。
全く国民のことなど考えていません。
ついこの間まで与党だったというプライドはないのでしょうか。

私は小沢一郎氏を基本的に支持します。また,マイナーメディアをチェックするヒマがないので,菅氏と小沢氏の関係が実際はどうなのかよくわかりません。

しかし,ここはとにかく,菅氏に頑張ってもらって,しばらくはお手並みを拝見してから評価をしたいと思うのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

私が公務員批判に反論する理由

他のブログ「公務員のためいき」のコメントで書かせて頂いたことを,ほぼそのまま書きます。

このブログで,何度か,「公務員批判の批判」を書いています。
昔の記事にも書きましたが,私が公務員批判を気に掛ける理由は批判が当たっていないことが主な理由ではありません。
時に,行き過ぎて当たってないと感じる批判もありますが,半分以上,7割くらいは当たってるんじゃないかと思います。

しかし,今の時代,公務員だけがそのような状態なのでしょうか。大きな組織だと,どこでも大して変わらないような気がします。

私は,大企業に対して満足することがほとんどありません。不満が山ほどあります。
しかし,私には選択の余地がありません。自動車などの比較的高価なものから,ちょっとした家電製品まで,日本中の中小企業の製品や海外の製品まで情報を収集し尽くして,満足のいくものだけ選択するなど不可能です。
必要なものは必要なので,製造・販売企業が気に入らないから買わないというわけにはいきません。
生活に必要なものは,使える時間内で情報収集して,満足できなくても妥協するしかありません。
モノやサービスを買う前,買うとき,買った後,大企業に対して「客のことを大切に考えてくれてるな」と思ったことは,まず覚えがありません。不満に思ったことは,思い出せば枚挙に暇がありません。

公務員と大企業,および一部の中小企業,私から見て満足度は大して変わりません。

それなのに,公務員ばかりが叩かれます。
それは,それによって利益を得る者がいるからだと思います。

私は,公務員を認めているからではなく,公務員バッシングを煽って利益を得ようとする者の思いのままにさせたくないから,公務員バッシングに対して反論するのです。
煽られて公務員バッシングをしている人たちに,冷静になってもらいたいのです。

テレビ局,自動車メーカ,コンピュータメーカ,生命保険会社など,どこもひどいと思います。
最近は悪質なクレーマーが多いようなので,トラブル時の対応マニュアルがあってそれに沿って対応するのでしょうが,杓子定規な対応というのは,公務員批判の代表格ではないでしょうか。

テレビを見ず,自動車に乗らずまたはドイツ車でも買い,コンピュータを使わず,保険もかけない,という選択は,一般的な生活をするためには,私にはできません。

大企業に対して,一庶民の消費者の弱さを痛感します。

私は税金を月に何十万も払っていませんが,民間企業の製品やサービスには何十万と費やしています。

私としては,公務員よりも,民間企業が消費者第一に変わってくれることの方が大事に思いますが,みなさんはいかがですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

女系天皇

前の記事で書いたとおり,小林よしのり氏の「新・天皇論」を読んでいますが,読み進むにつれ,天皇は男系にこだわらなくてもよいのではないかと思い始めました。

最後まで読んで,しばらく考えたいと思います。

天皇の男系,女系が気になる方は,ぜひ読まれてみてはいかがかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

天皇は「象徴」でよいのでは?

時間がないので手短に,ここ数日で考えたことを書きます。

小林よしのり氏の「天皇論」を読み,同じく「新・天皇論」を途中まで読みました。

「たかじんのそこまで言って委員会」の今日(H23.2.13)放送を見ました。

「・・・委員会」では,多くのパネラーが「憲法で天皇を元首と定めるべき」との意見でした。

「天皇論」を読み,天皇の神秘性,特殊性をある程度理解した上で,「天皇は元首」を言われると,違和感を覚えます。
「元首」と言った時点で,他国の元首,アメリカ大統領などと同種の,すなわち,「制度上その地位にいる一人の国民」という印象を私は受けます。

「象徴」,元はGHQが示した「symbol」の訳語ですが,「tsunami」,「sushi」のように日本語を語源とする,「shouchou」という名詞を作り,独自・唯一の意味を持たせるのがよいのではと思いました。

日本の天皇と同じ概念で表されるものは世界中に存在せず,「天皇」と呼ばれる人も世界中に他にいないのですから。

ただ,「国際的には元首に準ずる扱いとする」ことでよいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »