« 「天下り4240人」のウソ | トップページ | 東北太平洋沖地震 »

2011年3月 5日 (土)

携帯カンニングで逮捕は行き過ぎ?

京都大学の入試で,携帯を用いてインターネット上で回答を得た予備校生が逮捕されました。

この件につき,京大への批判も多くあるようです。「カンニングで逮捕は行き過ぎ」,「監督の問題ではないか」といった批判です。

しかし,携帯電話会社などが,警察の正式要請がなければ通信情報を出せないというのですから,大学が警察に訴え,警察も見つけたからには逮捕せざるをえないというのは仕方ないとも思えます。
不正をした者の代わりに落とされる受験生がいるわけですから,できる限りの手段を用いて合格者決定までに不正者を見つけるのが,大学の務めだと思います。
監督責任がどうとかは,落とされる受験生には関係ないことです。

大きな問題は,個人情報の保護を理由に,ここまで強固に通信メディアが情報を守るのが正当かどうかということではないかと思います。
(もうひとつは,話題性のある事件なのでメディアがやたらと騒ぎ立てたのも問題だと思います。入試カンニング程度で,未成年を実名〔事実誤認のため訂正〕凶悪事件のように報道するのはどうかと思います。)
通信メディアが,真に正義と信じて個人情報を守るのであればまだ良いですが,単に利用者を増やす競争に勝つために,匿名性が高まって犯罪などを助長することを承知の上でそれに対する対策の努力を怠っているとしたら問題だと思います。

私は,インターネットの悪用が多いのは,プロバイダや通信会社の責任が大きいと思います。もっと,利用者の教育を行うべきだと思います。
特に,インターネットの商用利用が始まったときに,その取り組みをきちんと行わなかったことが大きいと思います。今から行なっても,もう遅いでしょう。
私は,商用利用が始まった初期から利用していますが,度々,自分が利用しているプロバイダにそのことを訴えましたが,取り合ってくれることはありませんでした。

世界的な流れですから仕方ないとも言えますが,願わくば,ネット上のマナーの面では「恥の文化」を大切にして良い意味で「ガラパゴス化」して,「日本人だけはネット上でも行儀が良い」と言われるようになっていて欲しかったです。

|

« 「天下り4240人」のウソ | トップページ | 東北太平洋沖地震 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/51034528

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯カンニングで逮捕は行き過ぎ?:

« 「天下り4240人」のウソ | トップページ | 東北太平洋沖地震 »