« 命がけの仕事 | トップページ | 原発事故への国民の責任 »

2011年3月20日 (日)

震災対応への自民党の態度

読売新聞の記事「自民・役員会、入閣検討の空気すら生まれず」によると,

自民党は、菅首相による入閣要請に強く反発している。

谷垣総裁らは、首相の意図を、東日本巨大地震による国家的危機に乗じ、衰弱する政権の延命を図ることにあると見ているからだ。

とのことです。

ちょっと心が狭すぎないでしょうか。
長年,政権を担ってきたプライドはないのでしょうか。

今,政府の一挙手一投足が国民の人命に関わる状況です。
自民党の経験やスキルを活用して政府に協力するべき時ではないでしょうか。

たとえ,民主党の狙いが政権延命であったとしても,それを阻むために国民を犠牲にしてよいはずはありません。
この状況で,総選挙でもしろというのでしょうか。

民主党が気に入らないなら,事態が落ち着いてから対応の不備を指摘すればよいことです。

今,全政治家は万事に優先して震災対応にあたるべきだと思います。

|

« 命がけの仕事 | トップページ | 原発事故への国民の責任 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/51169324

この記事へのトラックバック一覧です: 震災対応への自民党の態度:

« 命がけの仕事 | トップページ | 原発事故への国民の責任 »