« 原発事故への国民の責任 | トップページ | 最後のフロンティア ミャンマー »

2012年3月 7日 (水)

公務員の給与に対する社会の圧力について

国家公務員の給与や退職金,大阪市のバス乗務員の給与が高すぎると批判を浴びており,削減が検討されています。

しかし,同世代の人達は,自ら異なる道を選択したり,競争に勝てなかったりしたのであって,公務員が世襲であるわけでもないので,今さらどうこういうのはどうかと思います。

これから採用する人の給与を下げるのならわかりますが,果たして行政や乗客の命を預けられる人が集まるのか疑問です。

政治の責任を,なぜ一介の公務員やバス乗務員に負わそうという発想が出るのでしょうか。

|

« 原発事故への国民の責任 | トップページ | 最後のフロンティア ミャンマー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/54166306

この記事へのトラックバック一覧です: 公務員の給与に対する社会の圧力について:

« 原発事故への国民の責任 | トップページ | 最後のフロンティア ミャンマー »