« 2012年3月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月28日 (水)

「集団的自衛権」という言葉に騙されてはいけないのではないか。

「ド素人」の疑問です。

自民党の公約に,「集団的自衛権の行使を可能とし」とあります。

「集団的自衛権」というと,まるで「いじめられている友達を見過ごしにしない」ことのように言われます。
「いじめ」の場合,明らかに善悪の区別がつきます。いじめる側が悪なのは明らかです。

戦争に,善悪があるでしょうか。それぞれの正義にしたがって戦っているのであり,善悪の問題ではありません。
まあ,アメリカは相手をテロリストと呼び,悪であるかのようにいいますが。
客観的にみれば,単にアメリカに対して不利益な相手でしかありません。

日本と利害を同じくする国が,第三国に攻撃を受けているとき,日本が防御行動を取るとします。
防御行動と言っても,SFマンガのように「バリアーを張る」ような行動ではなく,当然,応戦することになります。
そうすると,当然,第三国は日本にも攻撃を加えてきて,日本と第三国が戦闘状態になります。

さて,日本と第三国の戦闘に限って見てみれば,これは「日本が先制攻撃を加えた」ことに他ならないのではないでしょうか。

集団的自衛権容認派は,「目の前でやられている仲間を助けないのか」と言いますが,これは「いじめられている友達を助ける」構図ではなく,「正々堂々と友達とケンカしている相手に対して,友達が不利だからと加勢する」のと同じような行為ではないでしょうか。

街中で,米兵がイラク人に暴行を受けているところにたまたま通りかかった自衛官が助けに入っても,問題はありません。「集団的自衛権」を,このようなことと同じレベルで考えている人も多いのではないでしょうか。
「集団的自衛権」が問題になるのは,経緯はどうあれ,自発的な戦争参加になるからでしょう。

もっと端的な言い方をすれば,軍の命令で戦闘している米兵とイラク兵がいて,日本人がイラク兵を殺すことと捉えなければならないのではないでしょうか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年11月27日 (火)

橋下徹氏の「最後はえいやぁ」は軽すぎないか

以下の橋下徹氏の発言ですが,あまりにも軽すぎないでしょうか。
本当に命がけでギリギリの選択をしたことのある人の発言ではないように思います。

失敗しても,政治家を続けられなくなっても,路頭に迷わず衣食住に困らない人の,ゲーム感覚での発言ではないでしょうか。


「最後はえいやあ、で決めるしかない」 橋下徹氏
(朝日新聞デジタル)

■橋下徹・日本維新の会代表代行

 (みんなの党との候補者調整をジャンケンで決めてもいい、との発言に批判が出ていることについて)それくらいの言葉のニュアンス、表現の仕方を受け止め られない政治家は政治なんてできない。政治家は言葉で物事を動かしていく。ジャンケンで決めましょうよ、というのは、要は最後は理屈で決めなくても一つに まとまりましょうよ、という強烈なメッセージだ。

 批判することがないから、そういうことを取り上げて批判するのではないか。多くの国民のみなさんは分かっている。どうしようもない状況になった場合に理 屈じゃなくて最後どっちをとるか。そういう政治判断、政治決断をジャンケンと表現した。最後五分五分になってどっちをとったらいいかとなったら、最後はえ いやあ、で決めるしかない。そういうことを経験したことのない政治家がたぶん今回のジャンケン発言を批判していると思う。

 分かる人は分かります。企業のトップをやっている人、責任ある判断をやり続ける人は僕の趣旨は十分理解してくれると思う。日本の政治家は、責任ある、ギリギリの判断をやったことのない人たちばっかりだというのがよく分かりました。(松山市内で記者団に)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消費税増税は有効か?

消費税というと,「取りこぼしのない税金」というイメージが強いかも知れません。そのため,消費税を増税すると簡単に税収が増えると考えて,消費税増税に賛成している人も多いのではないかと思います。

しかし,
消費税の課税逃れ多発=告発、5年で58件―制度改正も不十分・検査院
盲点を突いた消費税逃れ-輸出品と消費税
あなたが支払った消費税は税収にはなりません。私の小遣いになります
などのような情報もあり,もちろん,このような明るみに出るのは氷山の一角であり,実際ははるかに多い消費税逃れが行われているのだと思います。

国のためと思って我慢して消費税を払っても,それが納税されず横取りされていればこれほど腹立たしいことはないでしょう。

消費税増税は,低率のままでシステムの完成度を高めた後に行うべきではないでしょうか。

しかも,この不況時に慌てて行っても,メリットよりデメリットの方がはるかに大きいのではないでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月25日 (日)

再生可能エネルギー利用で経済の活性化を

再生可能エネルギーは,その重要性を認められながら,コストの問題が壁になり,なかなか利用が進んできませんでした。

しかし,今は国や自治体が利用を推進することに市民のコンセンサスが得られやすい状況だと思います。

財界のいいなりになって原発にこだわるよりも,これを景気回復の好機と捉え,経済活性化と再生可能エネルギー利用推進の一石二鳥を狙う政策をとるのが得策なのではないでしょうか。

「日本沈没」などという映画が作られるような国で,あのような事故が起きました。もう,「想定外」などという言葉は使えません。

回復不可能なダメージを受けるリスクから目をそらしてはいけないのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月24日 (土)

橋下徹氏のtweetへの返信

@t_ishin 競争の結果、残るのはチャンピオンのみです。経済はスポーツと違って、敗者が平等にトレーニングすることはできません。スポーツと違って、再チャレンジが 容易なら、研鑽のモチベーションが下がります。利潤のみをモチベーションとする競争方式では、国全体の発展は望めません。

@t_ishin 企業で働いたことがありますか? 多くの企業の経営陣は社会や社員のことよりも保身第一に動きますよ。

@t_ishin 農業の現場を知っていますか? 一部の優良農家は、誇りと使命感で歯を食いしばって頑張っています。切磋琢磨できる農家は少ない、確かにそれは農家の責任 ではあります。しかし、ではみな潰れていいのですか? 農業は、なければないでなんとかなるという産業ではありません。

@t_ishin 毎日、朝から晩まで、一瞬のミスが人命に関わる仕事をしているバスの運転士の方たちの平均的な報酬は低すぎると思いますが。単に多数と比べるのではなく、真の価値を評価すべきだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TPPについて(twitterより)

TPPに絡めて、高品質な農産物を輸出するという議論がありますが、農産物を単なる商品と見ずに、国民を養う糧だとすることを基本にすべきでしょう。シンガポールなどと日本は基本的に異なります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

憲法9条(twitterより)

国の防衛に関して,私は意見が定まっていません。
しかし,憲法9条で「永久に」という言葉を用いた以上,「放棄する」と決めたものを覆すのは例えどのような手続きをもってしても,憲法違反でしょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年12月 »