« 消費税増税は絶対避けるべきではないでしょうか。 | トップページ | 公明党と組む自民党は節操が無さすぎでは? »

2012年12月13日 (木)

普通の人が幸福を感じる社会になるべきでは?

時間がないので,少しだけ書きます。

日本では,まだ封建時代より続く階級意識が残りすぎているように思います。
平民には力はない,上に従うしかない,そういう意識が強いように思います。
これは,自然とそうなっているのではなく,社会の有力者たちがそう仕向けている部分が大きいのではないかと思います。

平民,普通の人は,今の社会ではいろいろなことを我慢し過ぎていないでしょうか。
政官民の有力者が癒着して,そのような社会を作っているのではないでしょうか。
そのような社会を維持してきたのは自民党ではないでしょうか。

日本は,普通の人がもっと幸福を感じられるような社会になるべきではないでしょうか。
そのためには,国民のひとりひとりがもっと大切にされ,大切にし合える,成熟した社会になっていかなくてはいけないのではないでしょうか。

今は,その過渡期だと思います。普通の人の踏ん張りどころだと思います。

自民党支配に逆戻りして,国民のための本当の改革を止めてはいけないのではないでしょうか。

|

« 消費税増税は絶対避けるべきではないでしょうか。 | トップページ | 公明党と組む自民党は節操が無さすぎでは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/56313996

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の人が幸福を感じる社会になるべきでは?:

« 消費税増税は絶対避けるべきではないでしょうか。 | トップページ | 公明党と組む自民党は節操が無さすぎでは? »