« 自民党のご恩返し政治が始まったのでは? | トップページ | 「聖域なき関税撤廃が前提ではない」のデタラメ »

2013年1月24日 (木)

教師の早期退職問題は"駆け込み退職”の問題でなく"駆け込み削減”の問題では?

埼玉県を始め,退職金削減を前に途中で退職する問題が話題になっています。

「早期退職すると70万円多く退職金をもらえる」,
「条例施行を4月にすると県の負担が39億円増える」,

などと言われていますが,これは逆で,

「早期退職しても80万円退職金が減る」,
「条例施行を2月にすると県の負担が39億円減る」

ということです。

あくまで,つい最近まで予定されていたことを,突然ひっくり返したのは県です。

一種の契約違反だと思います。それに対して,県や社会がある程度のペナルティーを受けるのは当然のことだと思います。

教師を責めるのは簡単ですが,最も苦悩しているのは,当の教師の方たちだと思います。

|

« 自民党のご恩返し政治が始まったのでは? | トップページ | 「聖域なき関税撤廃が前提ではない」のデタラメ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/56610468

この記事へのトラックバック一覧です: 教師の早期退職問題は"駆け込み退職”の問題でなく"駆け込み削減”の問題では?:

« 自民党のご恩返し政治が始まったのでは? | トップページ | 「聖域なき関税撤廃が前提ではない」のデタラメ »