« 教師の早期退職問題は"駆け込み退職”の問題でなく"駆け込み削減”の問題では? | トップページ | 首相がTPP参加表明の方針を固めたと新聞が世論抑え »

2013年2月23日 (土)

「聖域なき関税撤廃が前提ではない」のデタラメ

安倍首相がオバマ大統領と会談し,共同声明に,

「一方的に全ての関税を撤廃することをあらかじめ約束することを求められるものではない」

と盛り込まれたことから,「聖域なき関税撤廃が前提ではないことを確認した」と鬼の首を取ったように発表しています。

こんなデタラメ,まやかしにマスコミはこぞって協力しています。

これから交渉する以上,「あらかじめ約束する」などということが決まっていると宣言されるはずはありません。

「すべての項目が交渉対象」ということは,「すべての項目について関税撤廃の可能性があることが前提条件」ということであり,「聖域はない」ということです。

これまで,「交渉に乗って,100%日本の言い分が通ることはない,むしろ,アメリカに都合のいい結論になるはず」だから,聖域を設けるべきと言われてきたのですから,全ての項目が対象にされる時点で,日本の負けは見えています。

自民党が野党時代に必死に検討したと思われる,「世論をそそのかす手法」に乗せられてはいけないのではないでしょうか。

|

« 教師の早期退職問題は"駆け込み退職”の問題でなく"駆け込み削減”の問題では? | トップページ | 首相がTPP参加表明の方針を固めたと新聞が世論抑え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/56821755

この記事へのトラックバック一覧です: 「聖域なき関税撤廃が前提ではない」のデタラメ:

« 教師の早期退職問題は"駆け込み退職”の問題でなく"駆け込み削減”の問題では? | トップページ | 首相がTPP参加表明の方針を固めたと新聞が世論抑え »