« アベノミクスの恩返し政治効果 | トップページ | 橋下氏の慰安婦発言に対する蓮舫氏の「時代錯誤」発言がすべてを物語っているのでは? »

2013年5月23日 (木)

橋下徹氏をひとり悪者にして善人面する者たちの怖さ

橋下徹大阪市長の慰安婦発言がとてつもなく大きな波紋を呼んでいます。

私は橋下氏は好きではありませんが,今回の件に関してはいたく同情します。

米軍に風俗利用を勧めたことを公言したのは軽率だったにしろ,それ以外の発言は,YouTubeのノーカット会見を見れば極めて常識的です。
朝日新聞などのインタビュー側が,明らかに悪意を持っているのがよくわかります。

全体の発言を知ってか知らずか,様々な個人や団体が橋下批判を繰り広げています。
そのような者たちは,橋下氏の発言がどうであったかなどどうでもいいのでしょう。ただ,「自分は善人だ」というポーズを取って,敵を作らず味方を増やしたいだけなのでしょう。

会見の動画を見れば,朝日新聞を始め,記者側のレベルの低さが痛々しいほどです。
それにも関わらず,新聞などに書いてしまえば記者の勝ちで,世論は動かされてしまいます。

なるほど,「ペンの力」とは握る者にかかわらずこれほどまでに強いとは,本当に恐ろしく思います。

ついでに言えば,朝日新聞の記者は質問の中で風俗業を表現するのに,「女性を横に置いて」と,「置く」とモノ扱いする発言をしています。明らかに風俗業に就く女性を蔑視した表現で,「一言一句」にこだわる新聞社が聞いて呆れます。

|

« アベノミクスの恩返し政治効果 | トップページ | 橋下氏の慰安婦発言に対する蓮舫氏の「時代錯誤」発言がすべてを物語っているのでは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/57439722

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下徹氏をひとり悪者にして善人面する者たちの怖さ:

« アベノミクスの恩返し政治効果 | トップページ | 橋下氏の慰安婦発言に対する蓮舫氏の「時代錯誤」発言がすべてを物語っているのでは? »