« 安倍首相は日本財界の利益のためにミャンマー軍政を認めるのか? | トップページ | 安倍首相は自己実現のために首相の座にいるのか? »

2013年5月29日 (水)

勢いに乗じて憲法改正の野望を果たそうとする安倍首相

News23 での岸井氏のインタビューに安倍晋三首相が答えていました。

その中で,憲法96条について,
「これまで 2/3 を取った与党はいない。国民のみなさまがいくら望んでも憲法改正ができない」
と語っていました。

言っていることが支離滅裂なことに気付かないのでしょうか。

国民の大多数が望んでいるなら,つまり野党の支持者も望んでいるなら,野党も賛成するでしょう。

その後,歴史認識について,
「歴史家が考えることで時の権力者,政府が考えることではない」
と言っていました。

国民を「みなさま」と言ったその口で,「権力は自分にある」と言っているわけです。

これらのことから,安倍首相の頭に「国民主権」などという考えはさらさらなく,
「権力を持った政府・与党が憲法を変えやすくしよう」
と考えていることは明らかではないでしょうか。

|

« 安倍首相は日本財界の利益のためにミャンマー軍政を認めるのか? | トップページ | 安倍首相は自己実現のために首相の座にいるのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/57486205

この記事へのトラックバック一覧です: 勢いに乗じて憲法改正の野望を果たそうとする安倍首相:

« 安倍首相は日本財界の利益のためにミャンマー軍政を認めるのか? | トップページ | 安倍首相は自己実現のために首相の座にいるのか? »