« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月27日 (木)

世論を意のままに誘導する安倍総理と自民党

参議院で安倍総理の問責決議案が可決され、重要法案が廃案になりました。
メディアなどは、民主党をはじめとする野党が法案よりも党利党略を優先したと非難しています。
しかし、民主党はあらかじめ与党と、法案の採決を先に行うことで合意していたと言っています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130626/k10015591131000.html

それを反古にして先に問責決議案の採決を行ったのは自民党の議長です。

明らかに、「野党のせいで法案を潰された」と世論に印象づける戦略でしょう。

さらに、安倍首相は、「問責決議案の可決はねじれ国会の象徴だ」と言っています。
この発言は国会をないがしろにしたものだと思います。

現在の「ねじれ」は、前回の参院選で民主党が勝ち、前回の衆院選で自民党が勝った結果でしかありません。
安倍首相の物言いは、「国民は自民党、安倍首相を支持しており、ねじれのせいで本来あり得ない問責決議の可決がなされた」ということでしょう。
つまり野党が多数を占める参議院は民意を反映していないと言っているわけです。

まだ選挙は始まっていないのに、首相が国会を否定する発言をしていいのでしょうか。

このような状況を見て、「もう参院選も自民党の圧勝で決まりだ」と思いこまされてはいけないのではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月11日 (火)

首相が都議選応援演説で参院選の選挙運動をしてもいいのか?

安倍首相が渋谷駅前で行った,都議選の応援演説が話題になっています。

TPP反対の演説に来ていた団体を左翼呼ばわりしたとか。

Youtube の動画を見ても,まあ上品とは言えませんが,日の丸と「TPP反対」ののぼりを掲げて,とても左翼には見えません。

それよりも,現職の内閣総理大臣が都議選の応援に来て,さんざん,「参院選で勝ってねじれ解消を」と訴える参院選のための演説を行うのはどうなのでしょうか。
最後には,「都議選,参院選も勝つぞ!」と,みんなで「勝つぞ 三唱」です。

ねじれであっても,現時点では現在の議員構成が公式の民意のはずです。それを,まだ選挙が始まっていないのに「ねじれ」は「悪」であるかのように言うのは,前回の参院選で投票した有権者を愚弄する行為ではないでしょうか。

TPP反対の団体を中傷する Facebook の近況も,一旦は削除したものの,世論を押し切れると見たのでしょう,復活して応援コメントばかりです。
ネット上にも,団体側を誹謗・中傷する意見で溢れています。

この「なんでもあり」状態を見過ごしてはいけないのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月10日 (月)

マニュアル(MT)車を増やすべきでは?

以前から、オートマチック(AT)車の普及が交通事故の増加を招いていると、何度か書いたと思います。

AT車が普及しているのは日本とアメリカぐらいと何かの本で読みましたが、本のタイトルを忘れてしまい、情報源を書けずにいました。
すると先日,毎日新聞のサイトに以下のような記事がありました。

http://mainichi.jp/opinion/news/20130608k0000e070207000c.html

フランスでは,

レンタカー会社の店員は「希望するのは米国人か日本人観光客ぐらいですよ」と言う。

とのことです。また,

統計によると、オートマチック車は日本や米国で販売数の約9割を占めるのに対し、フランスでは1割未満。

ともあります。

日本にAT車しかないのは,消費者の真のニーズではなく,対米関係,さらには国内でも安全より企業の利益を優先するのが理由なのは明らかでしょう。
AT車は子供でも簡単に動かせます。あっという間に何人も殺傷できるような機械の,危険さと,その操作の容易さのアンバランスは異常なレベルだと思います。

街中で急加速,急減速を繰り返して危険な運転をする若い人をよく見ますが,彼らのほとんどは,MT車で同じ運転を行う技術はないと思います。急加速,急減速には適確かつ迅速なシフト操作が必要ですから。

交通安全,そして自動車の価格を安くするためには,MT車の普及が望ましいと思いますが,どうでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 3日 (月)

安倍首相は自己実現のために首相の座にいるのか?

安倍首相が、
「私が日本を引っ張っていく」
と言っているのを見ました。

私は、総理大臣という立場は、主権者たる国民の意思を汲み、いろいろな利害の対立がある中で最終決断をするものだとおもいます。
あくまで、国民の意思を実現する責任者であって、自分の思想を実現するのが主ではないと思います。

安倍首相は、「首相としてのリーダーシップ」というものを履き違えているのではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »