« 安倍首相は自己実現のために首相の座にいるのか? | トップページ | 首相が都議選応援演説で参院選の選挙運動をしてもいいのか? »

2013年6月10日 (月)

マニュアル(MT)車を増やすべきでは?

以前から、オートマチック(AT)車の普及が交通事故の増加を招いていると、何度か書いたと思います。

AT車が普及しているのは日本とアメリカぐらいと何かの本で読みましたが、本のタイトルを忘れてしまい、情報源を書けずにいました。
すると先日,毎日新聞のサイトに以下のような記事がありました。

http://mainichi.jp/opinion/news/20130608k0000e070207000c.html

フランスでは,

レンタカー会社の店員は「希望するのは米国人か日本人観光客ぐらいですよ」と言う。

とのことです。また,

統計によると、オートマチック車は日本や米国で販売数の約9割を占めるのに対し、フランスでは1割未満。

ともあります。

日本にAT車しかないのは,消費者の真のニーズではなく,対米関係,さらには国内でも安全より企業の利益を優先するのが理由なのは明らかでしょう。
AT車は子供でも簡単に動かせます。あっという間に何人も殺傷できるような機械の,危険さと,その操作の容易さのアンバランスは異常なレベルだと思います。

街中で急加速,急減速を繰り返して危険な運転をする若い人をよく見ますが,彼らのほとんどは,MT車で同じ運転を行う技術はないと思います。急加速,急減速には適確かつ迅速なシフト操作が必要ですから。

交通安全,そして自動車の価格を安くするためには,MT車の普及が望ましいと思いますが,どうでしょうか。

|

« 安倍首相は自己実現のために首相の座にいるのか? | トップページ | 首相が都議選応援演説で参院選の選挙運動をしてもいいのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/57564744

この記事へのトラックバック一覧です: マニュアル(MT)車を増やすべきでは?:

« 安倍首相は自己実現のために首相の座にいるのか? | トップページ | 首相が都議選応援演説で参院選の選挙運動をしてもいいのか? »