« 首相が都議選応援演説で参院選の選挙運動をしてもいいのか? | トップページ | 原発は動かせ、廃棄物は受け入れない、は許されるのか? »

2013年6月27日 (木)

世論を意のままに誘導する安倍総理と自民党

参議院で安倍総理の問責決議案が可決され、重要法案が廃案になりました。
メディアなどは、民主党をはじめとする野党が法案よりも党利党略を優先したと非難しています。
しかし、民主党はあらかじめ与党と、法案の採決を先に行うことで合意していたと言っています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130626/k10015591131000.html

それを反古にして先に問責決議案の採決を行ったのは自民党の議長です。

明らかに、「野党のせいで法案を潰された」と世論に印象づける戦略でしょう。

さらに、安倍首相は、「問責決議案の可決はねじれ国会の象徴だ」と言っています。
この発言は国会をないがしろにしたものだと思います。

現在の「ねじれ」は、前回の参院選で民主党が勝ち、前回の衆院選で自民党が勝った結果でしかありません。
安倍首相の物言いは、「国民は自民党、安倍首相を支持しており、ねじれのせいで本来あり得ない問責決議の可決がなされた」ということでしょう。
つまり野党が多数を占める参議院は民意を反映していないと言っているわけです。

まだ選挙は始まっていないのに、首相が国会を否定する発言をしていいのでしょうか。

このような状況を見て、「もう参院選も自民党の圧勝で決まりだ」と思いこまされてはいけないのではないでしょうか?

|

« 首相が都議選応援演説で参院選の選挙運動をしてもいいのか? | トップページ | 原発は動かせ、廃棄物は受け入れない、は許されるのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/57677614

この記事へのトラックバック一覧です: 世論を意のままに誘導する安倍総理と自民党:

« 首相が都議選応援演説で参院選の選挙運動をしてもいいのか? | トップページ | 原発は動かせ、廃棄物は受け入れない、は許されるのか? »