« マニュアル(MT)車を増やすべきでは? | トップページ | 世論を意のままに誘導する安倍総理と自民党 »

2013年6月11日 (火)

首相が都議選応援演説で参院選の選挙運動をしてもいいのか?

安倍首相が渋谷駅前で行った,都議選の応援演説が話題になっています。

TPP反対の演説に来ていた団体を左翼呼ばわりしたとか。

Youtube の動画を見ても,まあ上品とは言えませんが,日の丸と「TPP反対」ののぼりを掲げて,とても左翼には見えません。

それよりも,現職の内閣総理大臣が都議選の応援に来て,さんざん,「参院選で勝ってねじれ解消を」と訴える参院選のための演説を行うのはどうなのでしょうか。
最後には,「都議選,参院選も勝つぞ!」と,みんなで「勝つぞ 三唱」です。

ねじれであっても,現時点では現在の議員構成が公式の民意のはずです。それを,まだ選挙が始まっていないのに「ねじれ」は「悪」であるかのように言うのは,前回の参院選で投票した有権者を愚弄する行為ではないでしょうか。

TPP反対の団体を中傷する Facebook の近況も,一旦は削除したものの,世論を押し切れると見たのでしょう,復活して応援コメントばかりです。
ネット上にも,団体側を誹謗・中傷する意見で溢れています。

この「なんでもあり」状態を見過ごしてはいけないのではないでしょうか。

|

« マニュアル(MT)車を増やすべきでは? | トップページ | 世論を意のままに誘導する安倍総理と自民党 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/57572337

この記事へのトラックバック一覧です: 首相が都議選応援演説で参院選の選挙運動をしてもいいのか?:

« マニュアル(MT)車を増やすべきでは? | トップページ | 世論を意のままに誘導する安倍総理と自民党 »