« 2014年1月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月15日 (土)

菅直人著・「原発ゼロ」の決意

これは必読です。


私は、政治家としての菅直人氏は好きではありません。
しかし、第二次大戦以来の日本破滅の危機、チェルノブイリで多数の死者を出した現場対応作業と同様の死ぬと分かっている作業を命じる可能性に直面しながら対応した人として、尊敬しています。

私利のために原発を推進する現在の日本の権力が隠している、福島第一原発の事故がどれほど重大なものであるかということがよくわかります。

「原発停止で3.6兆円の国富が流出」もウソですし。
経産省の情報をよく見ると、「原発が発電していた電力をすべて火力で発電したとしたら」という金額であり、実際の増加金額ではありません。

3/16 追記:こちらの方が,当時の様子は詳しく書いてあります。上の本の方が,情報は新しいですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月13日 (木)

集団的自衛権の本質を隠す安倍首相

安倍首相は国会で、集団的自衛権行使の例にアメリカのイージス艦を目標とするミサイルを日本のイージス艦が撃ち落とすことを挙げました。

これはとても卑怯だと思います。
どこから飛んできたかわからないミサイルを、ミサイルで撃ち落とす、これはかなりテレビゲーム感覚に近い例です。
自ら前線に立つことのない首相の感覚なのかも知れません。

しかし、庶民の感覚から見ると、米兵を刺し殺そうとする者を刺し殺して手を血に染めて、そのために後々まで自らも殺害されるリスクを負う、例えばそれが集団的自衛権行使の例でしょう。

生々しく考えないと本質が隠されると思います。

「自衛」という言葉で隠された、命を懸けた「戦争参加」でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月11日 (火)

東日本大震災3周年、まだ震災は現在進行

朝日新聞のアンケートによると、被災者の8割近くが、震災が風化していると感じているとのことです。

http://www.asahi.com/articles/DA3S11022369.html

東北には、まだまだ広大な空き地が広がり、そこに住んでいた人はまだ落ち着けず、そこに何を作るかも決まりません。
福島第一原発は全く先が見えません。
現在も、わが国は非常事態です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月10日 (月)

安倍首相の東京大空襲の認識

今日は東京大空襲の日です。


昨年、安倍首相は東京大空襲の認識について国会で質問され、
「当時の国際法に違反して行われたとは言い切れない」
と答弁し、それを閣議決定しました。
非戦闘員の大量殺戮は明らかな国際法違反。
なにが「日本を取り戻す」でしょう。

質問主意書

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年4月 »