« 集団的自衛権の本質を隠す安倍首相 | トップページ | 「集団的自衛権」は言葉のごまかし、完全な「参戦」 »

2014年3月15日 (土)

菅直人著・「原発ゼロ」の決意

これは必読です。


私は、政治家としての菅直人氏は好きではありません。
しかし、第二次大戦以来の日本破滅の危機、チェルノブイリで多数の死者を出した現場対応作業と同様の死ぬと分かっている作業を命じる可能性に直面しながら対応した人として、尊敬しています。

私利のために原発を推進する現在の日本の権力が隠している、福島第一原発の事故がどれほど重大なものであるかということがよくわかります。

「原発停止で3.6兆円の国富が流出」もウソですし。
経産省の情報をよく見ると、「原発が発電していた電力をすべて火力で発電したとしたら」という金額であり、実際の増加金額ではありません。

3/16 追記:こちらの方が,当時の様子は詳しく書いてあります。上の本の方が,情報は新しいですが。

|

« 集団的自衛権の本質を隠す安倍首相 | トップページ | 「集団的自衛権」は言葉のごまかし、完全な「参戦」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/59298779

この記事へのトラックバック一覧です: 菅直人著・「原発ゼロ」の決意:

« 集団的自衛権の本質を隠す安倍首相 | トップページ | 「集団的自衛権」は言葉のごまかし、完全な「参戦」 »