« 権力者が作る戦争のきっかけ | トップページ | 消去法で自民党支持、それは主体的ですか? »

2017年4月29日 (土)

資質がなくても辞めないから決定的な失言を責めざるを得ないのでは?

今村雅弘元復興相の辞任に関して,自民党の二階俊博幹事長が,「マスコミは余すところなくきっちり記録を取って、一行悪いところあったら、すぐに首を取れと(書く)。なんちゅうことだ」と言ったとのこと。

そんなことを言うのならば,金田勝年法相や稲田朋美防衛相など,明らかに資質に欠ける大臣をきちんと辞めさせればどうだろうか。

それをやらないから,決定的な失言を捉えて責めるしかないのではないだろうか。

|

« 権力者が作る戦争のきっかけ | トップページ | 消去法で自民党支持、それは主体的ですか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/65213997

この記事へのトラックバック一覧です: 資質がなくても辞めないから決定的な失言を責めざるを得ないのでは?:

« 権力者が作る戦争のきっかけ | トップページ | 消去法で自民党支持、それは主体的ですか? »