« 2017年4月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年6月22日 (木)

戦争する国を目指す自民党の本質

自民党の会議で安倍首相の改憲案に対して、9条の戦力不保持と交戦権否定は削除するべきとの異論が噴出したとのことです。

これが自民党の本質です。
選挙でで、「他に任せられる政党がないから」と消去法で自民党に投票する人が多いですが、消去法であれ、国を任せられる唯一の政党でしょうか?

9条改正をもくろむ政治家たちは、自分たちで命を懸けて人と殺し合う覚悟があるでしょうか?

自分は「えらい人」だから、自衛隊員に殺しあいをさせ、庶民を危険にさらし、高みの見物することしか想定していないでしょう。

何が自衛隊員の誇りでしょうか。自衛隊員は奴隷じゃありません。

9条改憲、首相提案に異論 自民、推進本部全体会議

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月19日 (月)

消去法で自民党支持、それは主体的ですか?

自民党や安倍首相を支持する理由としてよくあるのが、「他にいい党、人がいない」というものです。

これをいう人に聞きたい、「自分の目で比較してますか?」、今、自民党が与党でなくても、安倍さんが首相でなくても、自分の目と頭で判断して他にないと言えますか?

誰かが選んだ党、首相で、何となく世の中が回っているから、「これでいいんじゃないの?」って思ってるだけじゃないですか?

少し前までは、確かに一部の自民票に支えられた与党の政府で何となく世の中は回ってました。
官僚が世の中を動かしていたからです。
大臣なんて誰でもよかった。きっとあなたでも務まりました。

しかし今、世の中が回っているように見えるのは、与党と有力者が情報を厳しく統制しているからです。
ネットを24時間監視して都合の悪い情報の発信者を攻撃し、放送免許剥奪をちらつかせたりしてメディアを脅して都合の悪い情報を出させないようにし、労働者を厳しく競争させて組織に逆らえないようにすることなどで、実は国民の多くは極めて不幸な状況に置かれているのに「世の中こんなもの」と思わされています。

文科省の前次官が反旗を翻しても、なかなか苦しい闘いになっているように、官僚も支配されようとしています。

官僚主導から政治主導へ、まさに私が望んでいたものです。
民主党政権への期待もそれでした。

しかしそれは、きちんと国民の支持を得た政治家あってこそです。
低い投票率で、社会的影響力を利用して集めた票だけで選ばれた政治家が、私利私欲のために社会を動かせば、それは政治主導ではなく、強権政治や独裁です。

このままでは、一般国民はどんどん不幸になるばかりであることに気づかなければいけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年9月 »