« 戦争する国を目指す自民党の本質 | トップページ | 自公連立こそ選挙だけが目当てではないか »

2017年9月17日 (日)

Jアラートは誰のため?

ホリエモン(堀江貴文)氏がJアラートを批判している。

http://netgeek.biz/archives/102869

賛成する人は少ないようだが,この反対意見が笑える。

「少しでも危険があれば鳴らすべき」らしいが,2000km先に向かうミサイルが茨城に落ちる可能性があるのに,60km離れた東京には落ちない?そんな理屈が通るわけがない。

茨城で鳴らして東京で鳴らさなかったのは,意味がないことをわかっているから影響の大きな東京では鳴らさなかったのだろう。

巨額な費用を投じたJアラートに存在意義を持たせ,同時に外敵を強調して国民に危機感を持たせて内政から目をそらせる権力の常套手段を講じるのに執心なのだろう。

(参考情報です。ソースなど全く当たってません)

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52175?page=3

|

« 戦争する国を目指す自民党の本質 | トップページ | 自公連立こそ選挙だけが目当てではないか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/65801404

この記事へのトラックバック一覧です: Jアラートは誰のため?:

« 戦争する国を目指す自民党の本質 | トップページ | 自公連立こそ選挙だけが目当てではないか »