2006年2月15日 (水)

[番外]がんばれニッポン,メダルは取れなくとも。

トリノオリンピックで,「想定外」のメダルゼロで,マスコミ等があれこれ言っています。
陳腐な意見ではありますが,そんなに「メダル,メダル」と騒がなくてもいいじゃないですか。
3位以内に入ればメダル,というだけです。選手達のメダルにかける意気込みを否定するわけではまったくありません。メダルに期待もしています。取ってくれればもちろんとても嬉しいです。でも,メダルには,それは素晴らしい価値がありますが,何よりも類い希な才能と努力と運とが結晶した宝石のような選手達を見ているだけで,感動し,元気づけられるではないですか。

私もそんなに多くの競技を見たわけではありませんが,上村愛子選手のコークスクリューなんて鳥肌ものでした。まさに,「キターーーー!!」という感じです。(笑

厳しいトレーニングに耐えて,晴れの舞台で会心のパフォーマンスができた,またはいろいろな要因で力が発揮できなかった,その結果,いろいろな順位がつく,これらのことに関して,私たちの見えるところで様々なドラマがあり,また,見えないところではもっと多くのドラマがあるはずだということも,レベルは全然違いますが私もスポーツをやっていましたので,ある程度想像がつきます。

第三者である私は,彼らに声援を送りつつ,楽しませてもらおうとおもいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)